航空・電子・情報・通信・量子

Hypervisor(Hyperkernel®)

  • HOME »
  • Hypervisor(Hyperkernel®)

 

 

 

HyperKernel®とは

1992年に米国Imagination Systems社は、航空宇宙用アプリケーションのデータ収集とコントロールソフトウェアに関する経験から、初めてハイパーカーネルのコンセプトを打ち出しました。1993年後半、同社はアドバンスト32ビット Windows 開発に関する業務に取り組みはじめます。産業用コントロールのランタイム実行に対して、従来のリアルタイムマイクロカーネルターゲットシステムをサポートするものでした。

1995年に 米国NEMATRON Corporation.と Imagination Systems 社が合併したあとは積極的に汎用32ビット Windows をベースにしたファクトリーオートメーション用アプリケーション開発計画をすすめました。この計画には Hyperkernel のコンセプトが含まれていました。

パーソナルコンピュータ用のリアルタイムシステムです。

ハードリアルタイムアプリケーションを作成するために必要なツールをアプリケーション開発者に提供します。以下の HyperKernel の長所を利用して32ビットアプリケーションの開発が可能になります。

  • マルチスレッドのスケジューリングをベースとするプリエンプティブなラウンドロビンの優先
  • 高速なスレッド間通信
  • アプリケーションスレッドのダイナミックスタート/ストップ
  • Windows NT/2000/XP® 標準アプリケーションと同時実行
  • ハードウェアへのダイレクトなアクセス(DDK、WDK不要)
  • Windows NT/2000/XP のアプリケーション対応の共用メモリインターフェイス
  • 同時スレッド用シグナル
  • インタラプト マネジメント サービス
  • Microsoft 標準開発ツールの使用
  • 高速で、正確なタイマ

HyperKernel の環境は独立型です。つまり HyperKernel のスレッドは HyperKernel の環境で実行されるので、Windows NT/2000/XP スケジューリングが立ち遅れても、影響されることはありません。実際に Windows NT/2000/XP スケジューラは、HyperKernel のスレッドを感知さえしないようになっています。HyperKernel は、独特のスケジューラ、サービス一連、内部カーネルを有しています。2005年にHyperKernelに関する設計・保守を英NEMACO,INC.d/h/a NEMATRON,INC.より日本に移管し現在に至ります。当社は製品名HYKIDにて設計・保守を行います。Hyperkernel5.9日本語マニュアル

Hyperkernelシステム構成図

ベラージオホテルの噴水ショーはHyperKernelを使ったシステムです、このシステムは1998年より1日24時間、1年365日を2年以上、6,000点のデジタル及びアナログ信号のソフトウェア制御をダウンタイム無く行いました。

HyperKernel Reliability Keeps Bellagio FountainsFlowing (英語)

 

PAGETOP
@2021 SASAGAWA Corporation.
Translate »