当社研究用機体の設計は片柳亮二博士が制作されたKMAP(ケーマップ)を使用し、又、博士が執筆された各文献を参考にしています。KMAPは高度な設計が簡易な操作で出来る大変優れたツールです。
KMAP(ケーマップ)については「KMAPショップ」に掲載されています。「KMAPショップのWeb」 https://kmapshop.thebase.in/