電子情報通信システム工学

RTOS-32 (本社評価試験の合格証明にて、お客様の試験装置に採用を頂きました。)

RealTime OS RTOS-32のご紹介

32bit
24時間監視制御を行う堅牢な機器で、多数実績があります。
マイクロソフト社のビジュアルスタジオがインストールされている開発PCと、ターゲットとなるハードウェアをローカルエリアネットワークでつないで頂くことで、ステップ実行などのデバッグを行う事ができます。

RTOS動作性能表

20 MHz
386EX
100 MHz AMD
Élan SC520
1.46 GHz
Intel Atom
RTKernel-32 Operation
43 1.45 0.07 Round-Robin task switch
79 2.88 0.16 Semaphore task switch
37 3.31 0.19 Semaphore Signal
25 3.84 0.10 Semaphore Wait
100 6.20 0.38 Task activation (Signal, Wait)
31 4.21 0.15 Store data in a mailbox
30 5.87 0.18 Retrieve data from a mailbox
96 5.70 0.28 Task-to-task communication
107 11.83 0.38 Task-to-mailbox-to-task communication
All times are microseconds
PAGETOP
Copyright © 株式会社笹川製作所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.